過去のトップ画像


ここでは過去、当ホームページのトップを飾った画像を
順次紹介して行きたいと思います。
とは言ってもあまり大したものはないんですが・・・
(新しいものは下に追加していきます)




2002年2月末〜4月始め
箱根登山鉄道鋼索線の早雲山駅にて撮影。
箱根というと春から混むと言うことで、
’02年の2月に行って来ました。
しかしホームに停車中の姿を撮影するには
ちょっと狭い所でして、
うまいこと見つけた(?)のがこのカーブミラー。
しかし紹介ページには使用しなかったので、
トップ画像に転用しました。




2002年4月始め〜2002年5月始め
名鉄犬山モノレールの成田山駅近くにて。
いつ頃だろう? 三月かな?
この時は明治村に行ったあと、ちょっと寄ってみよう・・
と言うことで行きましたが、時間的にはギリギリに近かったかも。
山門をくぐるように撮れないかと思い、なんとか実現した次第。
紹介ページにある上から見下ろした絵と、場所的にかぶってしまうので
トップページに転用。こちらの方が構図としてはいいかも知れませんが。




2002年4月始め〜2002年6月中
羅須知人鉄道協会まきば線にて
簡易軌道の一こまのようにも見えてしまうが、これは演出。
このミルク缶は決して積み荷ではない。
撮った時は結構いいと思ったが紹介ページにはアップしなかった為、
トップ画像として使おうと思った次第。
結構表紙には長く使ったようにも思える。




2002年6月中〜2002年7月始め
別府ケーブルラクテンチにて撮影。
初めてトップページで縦画像を使用。
ケーブルカーの運転室はどこも立入禁止なのだが、
外から見るのはOKな場合が多い。
ここもそうだった。
扉が二段構えになっているのがユニーク。



2002年七月始め〜2002年8月中
奈良ドリームランドにあった廃線跡。
元は馬車鉄道か路面電車が走っていたらしい。
しかもポイントまで存在した。
このあたり某外資系テーマパークのような町並みが続く。




2002年8月中〜2002年9月末
初のイラストによるトップ。
そろそろ画像がいっぱいになってきたための処置。
ネタとなったのは「瓦揚げ機」と称するメカ。
原理的にはケーブルカーと思われる。




2002年10月始め〜2002年12月終わり
ずいぶん長いこと使用。
特に気に入っていた訳でもないけれど・・・
戦前大阪で数日間、博覧会の為運転された
モノレールの想像図。




2002年12月終わり〜2003年3月始め

これも長いこと使いました。
オールステンレス製(?)人力モノレール。
動力は曳索(というのか?)を乗った人がたぐり寄せる、
日本古来の「野猿」に似た構造。
発見場所はユーカリが丘VONAシステムの公園前駅。
この鉄道自体遊覧鉄道並の小さな車両でした。



2003年3月始め〜2003年4月始め

最近にしてはちょっと短かったな。
ロープウェイ関係のお土産です。

一番左は箱根ロープウェイの「プルプル」。
ひもを引っ張ると震えながら前進。
「CWA」のロゴ入りです。

中のテレホンカードはステキなスタイルの
宝登山ロープウェイ、実は乗っているおね〜ちゃんの
ファッションも80年代前半のようです。

一番右は御在所ロープウェイのチョロQ。
下に付いた車輪で走ります。
ここは実際行ったわけでなく、
たまたま会社の近くの店に置いてあったのです。





2003年4月始め〜2003年4月終わり

神奈川県某寺院専用ケーブルカーです。
いちおう鞍馬寺にあるような仕組みのようですが、
形が随分違います。
また、ここのものは一般参拝者は乗車不可との事でした。
左上の半円状のものは雨粒です。
あまり写真の出来は良くないですね・・修正してこれだもの。




2003年4月終わり〜2003年7月中頃

言わずと知れた大船の旧ドリームランド線です。
車両の重量過多により桁にひびが入って運休、
その後復活の話も出たのですが立ち消え、
もはやここに車両の走る日は来ないのでしょうか?




2003年7月中頃〜2003年10月中頃

名古屋市熱田区にあるイオンショッピングセンター内の路面電車です。
JRの金山と熱田の丁度中間にあります。
実際にはネオンが光って花電車みたいです。
じつはもう少しすごいものだと期待していたんですけど、
ここまで出来ていれば素晴らしいです。

碧海高岡若林さんのレポートによると、9月下旬より土日祝の運行。
運行時間は11時より20時、料金は200円。
定員は大人2、小人2との事です。




2003年10月中頃〜2003年12月中頃

一部で有名な「世界一短いエスカレータ」です。
一時期日立のCMにも登場しましたね。
川崎駅の地下街に存在します。
この時は東芝科学館に行ったのですが、
ここにも古さにおいて貴重なエスカレータがあるとか。
まだまだ趣味的に語られる事の少ない分野ですが、
結構面白そうですね。



2003年12月中頃〜2004年6月1日
更新をなまけてずいぶんと長い間使用しました。
おなじみ博物館明治村の9号機関車です。
もともと富士身延鉄道(現在のJR身延線)の機関車としてアメリカより輸入。
同タイプのHOゲージ模型が天賞堂よりロングセラー商品として出ていました。
さすがにもうないかな??


「楽しい遊覧鉄道:トップ」に戻る